フェイシャルエステキッパリ
ホーム > サプリメント > 前立腺肥大に予防効果のあるノコギリヤシとペポカボチャ種子エキス

前立腺肥大に予防効果のあるノコギリヤシとペポカボチャ種子エキス

より多く摂取すべき食品とは、前立腺肥大抑制の効果があるとされるイソフラボン成分の大豆食品です。

 

 

 

そして、前立腺肥大を予防するテストテロンの分泌を進めるのが亜鉛です。

 

 

 

亜鉛が多く含まれる食品はワカメ、昆布などの海藻類、レバーや牡蠣、ピーナッツなどの木の実もより多く摂取しましょう。大半の男性は前立腺が年齢を重ねるとともに大きくなる現象が認識されています。人種や住んでいる地区に関わらず、中高年過ぎた男性が加齢に伴い増加傾向にあります。前立腺肥大は老化現象と言えます。前立腺が大きくなる誘因は多方面で研究されていますが最大の原因は男性ホルモンが影響を及ぼすことがわかっています。

診療機関で受ける検査は肛門から指を挿入して行うの直腸指診や尿検査・血液検査を行います。細菌感染の有無によって、細菌性前立腺炎または非細菌性前立腺炎に判断されます。どちらのケースでも排尿痛であったり勃起障害、頻尿や残尿感の症状が出る場合もあります。

悪化を防ぐためにには具合の変化を感じたら早めにお医者さんの診察を受けましょう。前立腺炎の治療法は特効薬はまだ無く、細菌を特定できれば抗生物質などの処方がされます。排尿痛などがある場合には、鎮痛剤や抗炎症薬などを用いて痛みを鎮静させます。再発させないためにも長期に渡って薬を飲むことが必要です。

 

 

個々の状態によっては、漢方薬やセルニルトンなどが処方されます。

 

 

前立腺肥大に予防効果のあるサプリメントは、ノコギリヤシとペポカボチャ種子エキスが話題になっています。

 

ノコギリヤシは前立腺肥大等の症状緩和効果があり、海外では病院で使用する薬として使われているココヤシの仲間の植物です。

 

 

加えて、ペポカボチャの種は、ヨーロッパで古来から下腹部の不調に効果のあるハーブとして飲用されていた植物です。男性の膀胱の下の部分にある前立腺は、尿道を包み込むようになっている木の実ぐらいの大きさの器官になります。

 

精液の一部を成している前立腺液の分泌と排尿をコントロールする所ですが、この場所が炎症を起こすことを前立腺炎であるとしています。

慢性前立腺炎は、慢性的になり殆どは発熱などのない軽い症状のため気づくことすら出来ない場合もあります。慢性前立腺炎は身体的ストレスに加えて、精神的負荷も大きく関連しています。

 

疼痛や不快感が重症ではないと考えて、下腹部辺りの不快感を我慢して、その違和感によって次第に症状が悪化する負のサイクルが起こり、いく人かは心療内科や精神科へ通院される人もいます。

 

前立腺マッサージをした場合前立腺の働きは改善され、排尿しやすくなります。温熱療法は前立腺を温める療法で、前立腺の機能を向上させる効果に期待を持てます。更にのぼせない程度に時間をかけて入浴をして意識的に下半身を温めることで、前立腺やその周囲に出た症状をゆるやかに抑える効果が期待できます。

慢性前立腺炎では、下半身に色々な症状が出ます。頻尿がみられたり、まだ残っているように感じたり、放尿の際の勢いが弱くなったり、排尿痛やいつもとは異なった感じがしたり、陰嚢部の不快感ですとか勃起障害があるなどは要注意です。

 

 

この病気はドクターショッピングに陥りやすい病気ですので、馬が合って話にじっくりと耳を傾けてくれる主治医を探すことが肝心と言えます。

 

 

 

ここの所、男性日本人に前立腺がんが急激に増えた原因は脂肪分、カロリーの多い欧米化された食生活が多分に関連していると認識されています。その為、食生活に関して前立腺癌細胞が増加する元となり脂肪分の過剰摂取に気を付けなければいけません。前立腺炎におすすめのノコギリヤシのサプリについて